歯と病気の関係

スポンサーリンク

虫歯や歯周病の治療が終わっても、しっかりと手入れをしなかったら、また虫歯などができてしまいます。これは、治療の精度より、その後の手入れによって決まります。

歯と病気

人間の口内には、細菌が300種類以上、歯や歯ぐき、舌などに何億も存在しています。これらの細菌は、虫歯や歯周病などの病気の原因となります。細菌は、歯ぐきなどに炎症を引き起こす物質を作り、 これらの物質や一部の細菌は、血管を通して身体の各器官へ運ばれます。

つまり、口の中の細菌を減らすなり、抑制しないと、身体全体の健康に影響を与えることがわかってきています。

病気の例

細菌が口から気管を通って肺に入り込み肺炎を起こすことがあります。歯周病の細菌が心臓の内膜に付着して、 炎症(細菌性心内膜炎) を起こすことがあります。血管系の病気、低体重児出産などの原因にもなります。

予防歯科とは?

予防歯科は、削ったり、つめたりしていた治療中心の歯科医療ではなく、虫歯になる前から、予防をする予防中心の歯科医療のことです。

今まで、虫歯ができたり、歯がしみたり、血が出たり、そんな症状が出たら、歯医者さんに行って歯の治療をしに行っていました。

しかし、それでは、悪くなる→治療→悪くなる→治療の繰り返しです。

歯が悪くなってから治療していては、また悪くなった時に何度も治療をしなければいけません。

予防中心の歯の治療

予防を中心とした歯科医療は、虫歯・歯周病にさせない・ならない健康な歯と口を作るための治療です。治療のためでなく、予防のために歯医者さんにいくのが、予防歯科です。