なぜ歯磨きをするのか?

スポンサーリンク

歯磨きは虫歯予防のためにとても重要です。歯についた食べかすなどを取り除き、口内の清潔を保つために、歯磨きは欠かせません。

皆さんも毎日歯磨きをしていると思います。しかし、自分では、しっかりと歯磨きができているつもりでも、実際には、隅々まで歯ブラシが行き届かず、歯磨きがしっかりとできていない人もいます。

歯を磨いているだけと歯を磨けているとの違い

皆さんは、小学校などの歯磨きアドバイスなどで、食事後すぐに歯を磨きましょう、歯磨きは3分間は磨きましょう、などと言われたことがありませんか?食事後すぐに歯を磨くことは大切です。しかし、3分間の歯磨きでは、時間が足りません。実際に3分で全ての歯を隅々までしっかりと磨くことはできると思いますか?

28~32本の歯を3分間でしっかり磨くのは難しい

一般的な大人の歯の数は、親知らずを含めて、32本あります。親知らずを全部抜いた人は28本ですね。28~32本の歯を、1本ずつしっかりと磨くのは、3分間では足りません。もし、3分間で十分磨けているという人は、磨いているだけで磨けているわけではありません。

全ての歯をしっかり磨くには最低10分

では、磨けているレベルの歯磨きにはどのくらい時間をかければ良いのでしょうか?全ての歯を磨くには、少なくとも10分間は歯を磨きましょう。しかし、10分間歯磨きだけするのは、つらいと感じる人もいるかと思います。時間も長く感じるので、途中で歯磨きをやめたくなる人もいるでしょう。そんな人には、ながら磨きがお勧めです。

スポンサーリンク