歯痛の応急処置

スポンサーリンク

歯痛の応急処置をご紹介しましょう。
歯痛の応急処置として大切なことは、体を温めることは避けて、冷やすことを考えたほうがいいでしょう。体を温めることは、入浴、飲酒、熱い食べ物や飲み物をとることです。
激しい運動や喫煙を控える必要があります。
体の中で、歯は毎日磨き、食べ物を取り入れる重要な働きをする場所です。口の中を常に清潔にしておくことが大切です。

歯痛の応急処置は、歯の痛みを感じたら、食べカスが詰まっていれば取り除く必要があります。歯の痛みが感じられるところに冷たい水でしぼったタオルをあてるといいでしょう。

歯痛の応急処置として、もっとも即効性があるのは、鎮痛剤を処方することです。服用する前には、必ず注意書きを読んで、正しい使用法と使用量を守りましょう。鎮痛剤は、長期間服用してはいけません。激しく歯の痛みが感じられて、イライラ感や集中力が散漫になるぐらいひどいときに服用するといいでしょう。

歯の痛み止め薬として、液体のプロポリスは殺菌力に優れており、痛む場所に脱脂綿でプロポリスをしみこませて塗付けると、痛みがおさまります。プロポリスは、歯科医の治療にも使用されています。プロポリス入りの薬用ハミガキも販売されています。歯の痛み止めに、歯周病や口臭の予防にも効果を発揮します。

スポンサーリンク