歯痛と妊娠

スポンサーリンク

歯痛と妊娠は、深い関係があると言われています。
歯の治療には、虫歯の治療や抜歯などがあります。歯の治療を行う前に、歯の状態を把握するために歯のレントゲン撮影を行う場合があります。歯を治療する行程上、ごく一般的に行われる治療ですが、実は妊娠している女性が、妊娠していることに気付かないまま、歯の治療を受けると、治療薬や麻酔による体内への影響が懸念されます。

歯の治療中、または治療後に妊娠が発覚するケースは少なくありません。
しかし、麻酔薬を使用する場合、その使用量はごくわずかなもので、血液中の酵素により、肝臓ですべて分解されるので、母子ともにまず心配はいりません。
治療を受ける前に妊娠が発覚した場合は、専門医に相談するといいでしょう。

歯痛と妊娠の深い関係とは、麻酔や治療薬とは関係なく、妊娠すると歯が悪くなるという話をよく聞くことがあります。妊娠初期の頃に、一次的に歯に痛みを感じることがあります。虫歯ではなく、神経痛のような痛みが走ることがありますが、出産後には自然に治ります。妊娠中は、免疫力が下がりやすく、唾液が酸性化して、口内に細菌が繁殖しやすい状況になります。
予防対策としては、こまめに歯磨きやうがいをして、口内環境を常に清潔な状態にすることが大切です。歯痛と妊娠については、妊娠中に歯が痛くなったからと言って、必ずしも虫歯ではなく、歯が悪くなったというわけではありません。

スポンサーリンク