歯痛と肩こり

スポンサーリンク

歯痛と肩こりの関係について、ご説明しましょう。
歯痛と肩こりの関係は深く、さまざまな原因が考えられます。
虫歯が直接的に肩こりとなにか関係があるというわけではありませんが、左側の歯に虫歯があって、その歯が食べ物を食べると歯が痛むというような場合に、右側の歯を使ってかんで食べるというように、片方の歯だけを使うことによって、顎の部分に必要以上に負担がかかってしまいます。そのことが肩こりの原因となり、虫歯や歯槽膿漏などの歯の疾患と深い関係があります。
顎関節症は、さまざまな症状を引き起こしますが、歯の痛みをともない、歯のかみ合わせが原因とされています。顎関節症が原因で、肩こりの症状が起きる場合があります。

歯痛と肩こり、その関係について考えてみると、奥場や親知らずの炎症により痛みが感じられると、周囲の筋肉が緊張して、肩こりが起きると言われています。また、歯が痛み出すと、なかなか痛みが緩和されず、精神的にイライラしたり、集中力がなくなることがあります。そのような精神的なストレスから、肩こりになる場合もあります。歯痛が原因とされる肩こりの場合は、その原因である歯の治療を行い、完治すれば肩こりはほとんどおさまります。

スポンサーリンク