歯痛の原因

スポンサーリンク

歯痛の原因について、考えてみましょう。歯痛の原因は、そのほとんどが虫歯です。
虫歯による歯痛の原因は、「ストレプトコッカス・ミュータンス」と呼ばれる細菌です。
一般的に、ミュータンス菌、またはSミュータンスと呼ばれています。
「口は肛門よりも汚い」と言われています。1日3度の食事で、食べ物を口の中に入れて、食べたあと、そのままの状態でいると、雑菌が繁殖しやすくなります。
食後は必ず、歯磨きやうがいをして虫歯の予防を心がけるとともに、口の中の環境を常に清潔に心がけておく必要があります。虫歯になっても、すぐには自覚症状がなく、軽度の虫歯では痛みを感じることはほとんどありません。1度、虫歯になった歯は、自然に治ることはまずありません。

歯痛の原因として、もうひとつ考えられるのは、歯槽膿漏や歯髄炎などが考えられます。歯そのものが悪いのは虫歯ですが、歯の神経の部分、つまり歯髄に最近による感染症状がみられる歯髄炎、歯槽膿漏は、歯の根っこの部分の中の細菌の繁殖により、根っこの先端に膿ができます。歯槽膿漏が原因で虫歯になる可能性もあります。

歯のかみ合わせが悪い場合にも、歯が痛くなることがあります。歯の矯正治療をしていて、かみ合わせが悪くなり、強く当たる部分が痛む場合があります。治療中に歯が痛むようになったら、すみやかに歯科医に相談しましょう。

スポンサーリンク